初めてカラコンにチャレンジ!選び方、買い方と注意点

カラコンを選ぶときカラーや着色直径、・・・安ければいいや!なんて安易に決めてしまうことも多いけど、カラコンで目が痛くなるという人は特に含水率をチェックを忘れずに!

ドライアイとか目が乾きやすい涙が少ない人には低含水率のカラコンがおすすめ。特に目に違和感を感じたり痛みもないというなら高含水率のカラコンで全然OKです。

好きなモデルが愛用しているとかでブランドを決めずに、はじめてカラコンを買うのなら低含水率のほうが難がない可能性が高いですよ。

カラコンを使用している人は若い女性が中心でししたが、今は男女年齢問わず多いものですが、人が使用しているのを見たりして自分も使ってみたいと思うなどしてカラコンの使用を開始する際にはいくつか注意したいことがあります。仮に今までクリアなコンタクトレンズを使用経験があるという人でもカラコンはまた別の特徴を持っているため、商品を選ぶ際または実際に使用する際には初めてコンタクトレンズを使用した時と同様に扱う必要があるのです。

理想のカラコンの購入方法について

カラコンはクリアなコンタクトレンズと同様高度管理医療機器の1つに指定されているため、本来であれば医師の処方がないと使用できないものです。ただ現在は処方せんがなくてもインターネット上で多くの種類のカラコンを購入することが可能になっています。

カラコンは商品によって色や見た目だけが違うのではなく、実はサイズやカーブといったカラコンの形も微妙に違っている上に人によっては視力矯正の手段として度ありのカラコンを使うというケースもあることから、最初だけ眼科で自分に合ったカラコンを見つけて処方してもらい、後は処方せんの期限が切れるまでインターネットで購入するのが理想の購入方法です。

カラコン初心者に適した商品の特徴

カラコンを始めて使用する人にとって適した商品というのは、とにかく手入れが楽、もしくは手入れが不要であるという商品です。カラコンはもちろん、クリアなコンタクトレンズさえも使用経験がない場合、まずはカラコンを付けたり外したりすること自体を覚えるのが大変です。

そのためカラコンの手入れを丁寧に行うということが難しいという場合もあるため、まずはワンデーのカラコンを選んで使用すべきです。ワンデーのカラコンはカラコンの種類の中では最も多いことから、自分の好きなデザインのものが見つかる可能性が高いです。

カラコンを使用し始めた時に気を付けたいこと

カラコンはきちんと医師の処方せんを受けてから購入したとしても、使用途中で何となく違和感を感じたり、ひどい場合は結膜炎や失明につながるような目の疾患にかかってしまうこともあります。

またカラコンは最初はクリアなコンタクトレンズと同様使用時間を制限しなければいけないのですが、それ以降は規定の使用時間内であれば半日以上といった長時間にわたっての使用も可能になるため、カラコンを使用中に使い始めにはなかったような異変を感じることもあります。

そのため購入先がどこであったとしても、違和感を感じたらすぐに眼科を受診することが重要になってきます。

使用し始めは見た目の違和感がないことも重要

初めてカラコンを使用する場合、選んだカラコンによっては人相を大きく変えてしまうこともあるため、周囲からは何となく違和感を覚えられることが気になるという人もいます。

カラコンを初めて使用するのであれば、極力目の色は変えずに瞳の大きさを本来の瞳よりも少しだけ大きくするというものを選んだ方が周囲から見て違和感が少なくて使いやすいものです。

もし色や大きさをかなり変えるようなカラコンを使いたいのであれば、自分がカラコンの使用に慣れ、周囲もカラコンを装着している自分の見た目に慣れた頃に使用するのがお勧めです。

関連記事

カラコンには度ありと度なしのものがあるので注意して

カラコンのBC(ベースカーブ)ってなに?誤差があると危ないの?

カラコンを装着して痛い原因と予防改善対策は?

カラコンで結膜炎に?その予防方法とおすすめ目薬

カラコンで目が乾く場合の対処方法とおすすめ目薬・装着薬

ワンデーカラコンの特徴とメリット。使いまわしてもOKなの?