カラコンのBC(ベースカーブ)ってなに?誤差があると危ないの?

BCはベースカーブの略称で、カラコン、コンタクトレンズの曲率を表すものです。目の形は人によって異なり、表面のカーブがゆるい人も急な人もいます。目のカーブにあわせてコンタクトをつけないと、ずれの原因になってしまったり、使用時の不快感につながりやすくなるのです。

ソフトレンズの場合は多少ずれがあっても問題はないものの、ハードレンズの場合は特に重要になります。カラコンをする場合も一般的なコンタクトと同じように、自分のBCにあわせたものを購入する必要があるのです。

BCは目にフィットさせるための目安

BCは数字で確認することが可能で、目の表面の曲率に合わせて規格化されています。自分にぴったりフィットしたコンタクトを選ぶためには、まず自分のBCを知ることが大切になります。BCは眼科でチェックしてもらうことで調べることができ、カラコン、コンタクト選びの基準になってきます。

BCの値が合わない場合は、コンタクトが目にフィットしないことになります。フィット率が低ければコンタクトレンズがずれやすくなるだけでなく、ハードタイプの場合は目を傷つける原因になることもあります。そのため、医師の処方がなければコンタクトレンズが買えない場合があるのです。

しかし、一度自分のBCがわかってしまえば再度検査を受けるのが面倒になることがあります。通販など処方なしで買えるケースもあるため活用してみるのも方法です。カラコンの場合もBCをチェックすることが重要になってきます。

ソフトタイプのカラコンなら多少のBCの差も大丈夫

カラコンといっても、現在はソフトタイプが主流になっていて、ワンデータイプなど使い捨てのものも販売されています。ハードタイプのものと異なり、ソフトコンタクトレンズであれば多少誤差が合っても目にフィットしやすいのもポイントです。

一般的なソフトコンタクトレンズもBC値±0.2程度であれば問題なく使用できるとされています。使い捨てのコンタクトレンズは特に需要が強い2種類程度のBCを使い分けているケースが多くなります。自分のBC値により近いものを選べばフィット感が強くなるのです。

カラコンの場合はショップによって選べるBC値が1~2種類に分かれることが多くなります。同じカラーでもBC値が違うコンタクトが並んでいることもあるため、しっかりとチェックする必要があります。

BC値が問われるハードタイプのカラコンは購入できない

ソフトコンタクトに比べて、ハードコンタクトはBCが厳しく問われます。素材自体が硬いため、目を傷つけたり、違和感の元になってしまうからです。過去にはハードタイプのコンタクトが存在しましたが、現在の日本の法律では禁止されているため、一般的な購入ルートで間違って買ってしまうことはなくなっています。

仮にハードタイプがあっても瞳の動きに合わせて柔軟に動いてくれないため、見た目的にも問題が生じやすいのがポイントです。カラコン選びの時はソフトかハードか悩む必要はないのです。

同じBC値でもカラコンの種類で差が

人間のBCは基本的に変化しないものです。しかし、同じBCのカラコンを買ってもフィット感に差が出ることがあります。これはカラコンの素材や銘柄によって若干のずれが生じるためです。カラコンをつけていてずれやすい場合は、別のメーカーのカラコンを使うと使用感がかわる場合もあるのです。

メーカーとの相性は実際につけてみないとわからないことが多くなります。通販の場合は一度購入しないとわからない場合がほとんどになるため、最初に大量に購入するのは危険が伴います。TPOに合わせて使い分けたい場合は、一度つけてからリピートするか考えるのがおすすめです。

関連記事

乱視、遠視でもカラコンは使えるけど、ワンデー、2weekがない!?

カラコンで結膜炎に?その予防方法とおすすめ目薬

カラコンで目が乾く場合の対処方法とおすすめ目薬・装着薬

カラコン マンスリーのメリットと適している人とは?

ワンデーカラコンの特徴とメリット。使いまわしてもOKなの?

カラコンを装着して痛い原因と予防改善対策は?