乱視、遠視でもカラコンは使えるけど、ワンデー、2weekがない!?

カラコンでも、遠視や乱視に対応したものが販売されるようになっています。視力に問題があってもカラコンでおしゃれを楽しむことができるのです。注意したいのが、価格と製造日数です。

遠視や乱視に対応したカラコンは特注扱いになり、値段が高くなるケースがあることです。製造にも時間がかかるため、いつ必要なのか確認した上で前もって注文しておく必要があります。使用感に不満が出ないように、事前に眼科でチェックをしてもらうなど、念を入れることも大切になります。

遠視と乱視対応したカラコンは種類が豊富

遠視と乱視に対応したカラコンといっても、種類は非常に多くなっています。カラーバランスや瞳をおおきく見せたいかナチュラル風が良いかなど、様々なメーカーが工夫を凝らしているからです。遠視や乱視だからと言って特別二種類が少ないわけではなく、自分好みのカラーを選んで購入することができます。

もちろん通販で購入することも可能で、自宅で必要な分だけ購入することも可能です。実店舗型のお店の場合は安心感がある反面、選択肢が少なく不満に思ってしまうケースもあります。遠視用、乱視用のカラコンを購入する場合は通販も視野に入れるのがおすすめです。価格的にも割安になるケースが増えます。

遠視と乱視のカラコンは購入時に度数などを指定する

遠視と乱視のカラコンを購入する場合は、購入時に度数を指定することになります。人によって度数は異なるため、指定の漏れがないように注意する必要があります。また、右目と左目を別々に注文する必要があるため、それぞれの目にあわせた度数を選ぶことが重要です。

インターネット通販で購入する際も選択肢の中から度数を選択して購入する仕組みになっています。しばらく測っていない場合は眼科でチェックしてもらうのがおすすめです。

遠視と乱視のカラコンは基本的に特注品になります。使い捨て感覚で利用することは難しいため、しっかりと確認することが重要です。確認がもれると、高い買い物になってしまう場合があるからです。

特注品になるためどうしても価格は高くなる

遠視と乱視のためのカラコンは基本的に特注品になります。量産しても採算が取れない可能性が高いため、カラーや度数にあわせて注文が入ったときに作るケースが多いのです。中には乱視用のカラコンを注文するとラベルではなく手書きで表記が入る場合もあります。

特注品になるためどうしても値段は高くなります。また、注文してから1週間から4週間程度まで注文するサイトによって納期が異なる点に注意が必要です。注文が入ってから作るため、どうしても時間もかかってしまうのです。

欲しい日の前々日などに慌てて頼んでも届かないため、予定がある場合は早めに注文しておく必要があります。また、輸入品になることが多くなるため、日数は多めに見積もるのが正解です。

遠視と乱視のカラコンはワンデータイプなどが存在しない

遠視と乱視のカラコンは、基本的に数ヶ月から1年程度使えるようになっています。これはワンデータイプなどでは採算を取れず、使い捨てにすることが難しいためです。長持ちすると思えばコスパは悪くないため、予算だけでなく使用可能期間を見ながら購入するのがおすすめです。

基本的に値段が安いものほどカラコンの寿命は短い傾向にあります。耐久性や材質に違いがあるため、使用期限を過ぎたら捨てるのが基本になります。もったいないからと使っていると目を傷つけたり、病気の原因になることもあります。

お手入れも重要なポイントになります。使用上の注意などをしっかり確認し、使い終わったら洗浄液につけるなど清潔に保つ必要があるからです。使い捨てができないため、自分で管理する意識も大切になります。

関連記事

カラコンで目が乾く場合の対処方法とおすすめ目薬・装着薬

カラコンで結膜炎に?その予防方法とおすすめ目薬

カラコンには度ありと度なしのものがあるので注意して

カラコンを装着して痛い原因と予防改善対策は?

カラコン マンスリーのメリットと適している人とは?